初めての女性にはこんな風にしてあげよう!処女セックスのコツ

自分の彼女がどうも初めてということが分かった時、あなたならどうしますか?
徹底的に本やネットで勉強する、男友達にいろいろ聞いて参考にする…。いろんな方法があると思います。

でも、女性からしたらそんな努力は見当違い。
処女の気持ちを理解しようとして努力するところは認めます。
でもいくら男性が頑張ったところで、処女の気持ちは処女にしかわかりません。

だから今日は、つい最近年上の男性に相手をしてもらって処女を捨てたばかりの私が、処女の気持ちや処女セックス成功の秘訣についてお話します。

まず、処女はとても恥ずかしがりやということを忘れないでください。ホントはセックスしたくて、男性の体もよく見てみたいけれど、恥ずかしくてなかなか出来ないのです。

だから処女が恥ずかしがっている時に、あまりにも強引に洋服を脱がそうとしたり、嫌がっているのに電気がついている部屋でセックスしようとするのは逆効果です。

まずは抱きしめて、キスして、軽くお互いに触りあう…。
こういう時間をたっぷりととってください。
この時電気を暗くするか、豆球くらいの明るさが適切です。

くらい方が女の子の羞恥心は和らぎます。
あまりにも恥ずかしいと、女の子は性感に集中できなくなるんですよ!
嫌よ嫌よも好きのうち、と言いますが、処女セックスにおいてはこれが当てはまらないことも多いということも忘れないでくださいね!

あと大切なのは、とにかく褒めること。
きれいだよとか、かわいいよ、というのも効果的ですが、胸やお尻、肌を褒めると女の子は自信を持ちます。
壊れやすいものを丁寧に取り扱うように、手で触れて、唇をつけていきましょう。

いよいよパンティを脱がせるときにも注意してください。
この瞬間が一番恥ずかしい時です。
だからなるべく布団やタオルケットの中で器用に脱がしてください。

いきなり足を開脚させたりしないように!
女の子は興奮してくると自然にあそこを広げたくなるので、無理にするのは逆効果です。

女の子の性格にもよりますが、一番初めからフェラをさせるのもNG!
でも、女の子がおち○ち○に興味を持っていたら触らせてあげましょう。

女の子にパンツをおろしてもらうのもアリですね。
なんだかんだいって処女は勃起した状態のち○こを見てみたいというのが本心です。
ち○こを見せて触らせたあと女の子のあそこを触ってみると、結構な確率で濡れています。

恥ずかしがりながらも、大きくなったち○こが自分の恥ずかしい部分に押しつけられるところを想像して濡れてしまします。

女の子だって、次に会った時はセックスだろうなと言う時には、ちゃっかり想像してオナニーしているはずです。

クンニは初回は嫌がることが多いので、状況を見て決めましょう。
でもクンニはしなくても、指で割れ目を十分こすったり、クリ○リ○を勃起させて皮をむくことは重要です。

挿入する前に割れ目にち○こを滑らしたり、クリ○リ○に硬い亀頭をこすりつけるのが効果的です。